コラム

column

【刈谷市】不妊治療を行うクリニックが紹介!不妊症の定義と原因 漢方療法も行うクリニックで検査・カウンセリングを

10組に1組が不妊症と言われる現在、「自分たちも不妊症では?」と悩むカップルも多いことでしょう。いきなりカウンセリングや検査を受けるのは、心理的にもハードルが高いものです。

まずは不妊症の定義や原因を知り、理解を深めるところから始めてみましょう。妊活開始から、どれくらいの期間で不妊治療を検討すべきなのでしょうか。また、不妊症の主な原因にはどのようなものがあるのでしょうか。不妊症についての理解が深まれば、自然と方針や考えがまとまり、漠然とした悩みも軽減されるでしょう。

こちらでは、刈谷市で不妊治療を行うG&Oレディスクリニックが、不妊症の定義や原因について紹介します。刈谷市で不妊治療をお考えのカップルはぜひ参考になさってください。G&Oレディスクリニックでは、漢方療法も行っています。

不妊症とは 妊活開始からどれくらい経ったら不妊治療を検討すべき?

はてなマークと考える女性

不妊症は「症」という漢字が表すとおり、そもそも病気ではなく、ある特定の症状を指す言葉です。日本産科婦人科学会は不妊症について、「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合」と定義しています。

この「ある一定期間」は、2015年までは「1年から3年までの諸説があるが、2年というのが一般的」とされてきました。しかし世界保健機関などでは1年が一般的であることから、現在は日本産科婦人科学会も1年と定めています。

ならば妊活開始から1年は待つべきかと言えば、不妊症の原因や年齢によっては、一概にそうとも言い切れません。過去の研究からは、子宮内膜症・骨盤腹膜炎などの既往歴、無排卵などの問題がある場合、妊娠が成立しにくいことが分かっています。

また、男女共に年齢が上がるほど妊娠しにくくなるリスクがあり、不妊治療の先送りは妊娠率の低下につながりかねません。

現在の日本では妊娠を望む年齢が高齢化しており、約10組に1組は不妊に悩まされると言われています。一般的な不妊症の定義は「1年以上妊娠しないこと」ですが、気になる点があればより早めに受診することをおすすめします。

不妊症の原因とは まずは検査・カウンセリングのご検討を

下腹部を手で覆う女性

不妊症の原因は人により様々ですが、主なものとしては以下の6つが挙げられます。

排卵の問題

ホルモン分泌の異常などにより、排卵が起こりにくい、または起こらなくなっている状態です。中でも多嚢胞性卵巣症候群は生殖年齢女性の6~10%に見られ、排卵の問題の最も多くを占めています。

卵管の異常

クラミジア感染症や子宮内膜症などにより、卵管が癒着・閉塞・狭窄している状態です。卵子が上手く卵管に取り込まれず、また上手く子宮にたどり着けません。女性側の不妊原因の3~4割を占めています。

子宮頚管の異常

頸管粘液産生不全・頸管炎・頸管ポリープなどにより、子宮頚管を精子が通過しにくくなっている状態です。精子が卵子に到達しにくくなっているため、上手く妊娠が成立しません。頸管粘液産生不全については、排卵の問題と同じく、ホルモン分泌の異常が関わっているケースもあります。

免疫の異常

免疫の異常により精子を阻害する抗体が生成され、精子の侵入や受精が阻まれている状態です。男女どちらに起こったとしても、同じく不妊症の原因となります。

子宮の異常

子宮筋腫や子宮内膜症などにより、受精卵の着床が阻害されている状態です。中には先天的に子宮が変形しており、それが原因で妊娠が成立しにくい女性もいます。

男性不妊

かねてから女性側にのみ問題があるとされてきた不妊症ですが、近年では男性側にも同様に問題があることが明らかになってきました。主な男性不妊の症状としては、精子の量・濃度・運動性の問題のほか、精子の通過経路障害、内性器の炎症などが挙げられます。

刈谷市のG&Oレディスクリニックは、地元刈谷市に密着した産婦人科・不妊治療センターとして、これまで数多くのご相談を承ってきました。女性はもちろん、男性についての検査・カウンセリングも承っています。漢方療法と先進医療を組み合わせた治療・ケアを行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

刈谷市で不妊治療をお考えなら漢方療法も行うG&Oレディスクリニックに相談を

不妊症とは「1年以上妊娠が成立しない状態」を指し、現在では10組に1組のカップルが悩まされていると言われています。不妊症の原因は様々であり人によって異なるため、まずは男女揃って検査・カウンセリングを受けてみましょう。

刈谷市のG&Oレディスクリニックは、現在では漢方療法と先進医療を組み合わせた治療のほか、保育士による託児無料サービスも提供しています。刈谷市で不妊治療をお考えのカップルは、お気軽にG&Oレディスクリニックへご相談ください。

刈谷市で不妊治療のご相談ならG&Oレディスクリニックへ

院名 G&Oレディスクリニック
住所 〒448-0004 愛知県刈谷市泉田町折戸6−2
TEL 0566-27-4103
FAX 0566-27-4122
URL http://lady.go-clinic.gr.jp/

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。